ブログ

2021.09.09ブログ

手刻みの家づくり

手刻みの家づくり
羽根建では構造材を極力プレカットせず、大工によって墨付け、刻みにて
家づくりをしています。
材がシューンと機械に飲み込まれ出てきたときには仕口や継手が加工されて出てきます、
それはそれは賢いプレカット機には速さや全く同じ加工をする事には追い付けません。

ですが、1本1本全く同じではない木をどう使うのがベストか、刻み中の気候やお天気にも
気をかけ墨を付け刻む行為が積み重なる素晴らしい判断は、機械には無いところです。

この技術は後世に残さなければならない、
同じ思いの工務店の方々と「手刻み同好会」にて活動をおこなっています。
先日その取材を受けた西大工、矢守大工、道具たち

カテゴリ